ドイツ製:


カーボンコンクリート用


Carbon4ReBAR


thyssenkrupp Carbon Componentsが製造するC4Rは、耐高温性のある特殊エポキシ樹脂に埋め込まれた、耐腐食性を備えた高強度カーボンファイバーで作られた補強バーです。

このバーは、産業プロセスを使用して無限に製造され、最適化されたナットヘリックス設計で提供されます。C4Rは、強化鋼と比較して引長強度が大幅に高い上に、本バーに相応するスチールペンダントと比べて、最大で80%という大幅な質量削減を特徴としています。さらに、付着応力は最適値を実現しています。この値は、コンクリートプルアウト法で決定され、同等の繊維強化鉄筋バーよりも大幅に高くなっています。

U当社の補強バーは、さまざまな直径、溝の形状、長さで製造しており、次の製品機能を誇っています。
タイプ 直径
実効引張強度 σF,eff [N/mm²] 1.650
降伏破断 ԑF [%] 1,1
実効引張弾性率 Eeff [N/mm²] 151.000
応力-ひずみ図
付着張力/スリップ
タイプ 直径
ストレートバー 外部 コア 標準長 メートルあたりのバー質量 入手状況
C4R -8 8 mm 6.5 mm 0.1〜6.0 m 0.077 kg リクエスト
C4R -10 10 mm 8.5 mm 0.1〜6.0 m 0.120 kg 今すぐ入手可能
C4R -12 12 mm 10.5 mm 0.1〜6.0 m 0.172 kg リクエスト
C4R -14 14 mm 12.5 mm 0.1〜6.0 m 0.235 kg リクエスト
C4R -16 16 mm 14.5 mm 0.1〜6.0 m 0.310 kg リクエスト

C4Rの例

BAU 2017

ミュンヘンの「BAU」見本市は、建築、素材、システムを展示する世界最大のプラットフォームです。
2017年、このイベントでカーボンコンクリート製の梁が発表されました。この製品の特長として、鉄筋コンクリートと比較して非常にスマートで幅の狭い設計により、一定かつ平均された耐荷重性を備えています。
大梁について大規模な試験を実施し、設計耐荷重を確認しました。

網代(Wickerwork)構造の構築

処理量が少ないため、網代構造は大規模であってさえ、相当効率的に構築することができます。

C³-カーボンコンクリートコンポジット

未来への道 – ティッセンクルップは、C ³-カーボンコンクリートコンポジットの一環として、カーボンコンクリートの分野でカーボンコンポーネントの研究開発を行っています。

学際的なプロジェクトC³-カーボンコンクリートコンポジットは、教育と研究のための連邦教育省のプログラム「地域の企業」イニシアチブによる「革新のための20のパートナーシップ」における10件の促進プロジェクトの1つです。このプロジェクトはドレスデン工科大学が責任を負っています。C³プロジェクトは、研究、企業、団体の160以上のパートナーと共に、炭素繊維と高性能コンクリートで作られた新しい複合材料を開発しています。ティッセンクルップカーボンコンポーネントは、当初からC³グループの一部であり、カーボンコンクリートの研究開発に深く関わってきました。
カーボンコンクリートは、その柔軟性と耐久性のゆえに鉄筋コンクリートに代わる省資源であり、最大50%の材料を節約するだけでなく、軽量さと自由な成形性を特徴とし、数多くの設計オプションを可能にします。カーボンコンクリートで作られた世界初の建物は、C³-カーボンコンクリートコンポジットの灯台プロジェクトです。CUBEは、2014年以降、この研究グループで集中的に調査された結果をまとめています。これは、新しいタイプのカーボンコンクリート構造を検証するのに役立つものであり、そのため、すべてのコンクリートコンポーネントはカーボンコンクリートから作られます。建設プロジェクトの実施は、2020年3月2日から2020年12月31日の期間に行われるべきです。

メートルあたり重量0.12 kgという、当社の超軽量Carbon4ReBARバーは現在のところ、0.5 m、1.0 m、1.5 m、2.0 mの長さでご入手いただけます。

上記以外で、標準的な長さと直径のバーをお求めの場合は、リクエストに応じてご入手いただけます。ご連絡にはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

+49 351 32039-232

当社と連絡を取る

お問い合わせフォームを使用してください!カーボンリムの技術と販売に関するすべての質問に回答し、できるだけ早く回答いたします。

Menu
クッキー設定